転職面接では他者とは違う印象的な自己紹介が重要

転職,面接,自己紹介

転職の際には必ず面接試験があります。面接試験では志望動機や今後の展望についての意見を求められることがほとんどであり、そういった部分は周到に準備して試験に臨むのが通常です。案外おろそかにされがちでありながら、必ず問われる質問があります。それは自己紹介ないしは自己PRをして下さいというものです。 自己紹介を求められると、あまりトレーニングを積んでいない人は、名前と出身、趣味や特技、資格といった履歴書に記載しているような内容を高騰で説明していきます。しかし、これらの内容は試験する側としては既に書類選考の時点で目を通している内容であり、今更その場で聞きたいことではないのです。自己紹介や自己PRをして欲しいというのは、自身を題材としてどれだけうまく話をすることができますかということを問うているのです。定型があるわけではないので、できるだけ相手の注意を引いたり、予想を覆したりするような応答をして印象を残すのがコツになります。例えば、自分の少し昔話をして、その体験から今の自分があり、だからこそ今までの仕事よりもこれから転職して行う仕事がやりたいというような話につなげられると説得力がある自己PRになります。 265

転職の面接で落ちることのないように

転職,面接,自己紹介

転職活動の場合、人気の職種や大手企業では、募集があることが少ないというのが実際のところ。もし希望の会社の求人を見つけたら、いかに面接までこぎつけるかが鍵になります。また転職で落ちる理由としては、うまく自分をアピールできなかったことがその原因であることもよくあります。 実際の試験では、緊張のあまり、思わず黙り込んでしまい、結果落ちてしまうケースもしばしば見受けられます。時には、「圧迫面接」と呼ばれるような面接が行われ、あえて答えづらいような質問をし、その答えにはさらに突っ込んだ質問を重ね、どんどんプレッシャーをかけていくような場合もあるので、事前に対策をたてておき、できるだけ攻略しておくと、当日あわてずに済むでしょう。 また、転職活動に苦戦している場合は、思わず自分を飾ってしまいがちですが、あくまでも素直な気持ちで、本当の自分を見てもらうことも重要なポイントの1つ。転職がうまくいかないことが続くと、どうしても焦りが出てきてしまいますが、落ち着いて自分の実績や経験などをうまく表現できるように努めましょう。また、時には初心に戻り、靴や髪型になども改めて気を使い、もう一度、どこが問題なのか見直すことも必要です。 266